Diary of Music

音楽が好き、楽器を弾くのが好きな人に向けて、大して深い知識を持ってない人間が精一杯の知識で送る情報ブログ

MENU

音質ヨシ、使い道も幅広い おすすめ部屋用ギターアンプの紹介

こんにちは。wsukesanです。

今回はギタリストの永遠の悩みである、自分の部屋で大きな音を出してギターをかき鳴らしたい!でも部屋用のアンプは小さくて理想の音も出せなさそう...

といった考えを解消してくれる、個人的おすすめ部屋用アンプをご紹介します。

ちなみにこのアンプは、ボリュームをマックスにするとかなりの大音量が出ますので、ライブ会場でもアンプのスピーカーの前にマイクを置いて全体に響き渡らせるようにすれば、たとえ広い会場でも立派にギターアンプとして機能してくれます。

YAMAHA THR10

f:id:wsukesan:20190213210522j:plain

コンパクトであり、レトロな雰囲気が漂うYAMAHA製 THR10。部屋の中で使用するのに最適なサイズであり、私はTHR10をいつも使っている小さい机の上に置いていますが、全く邪魔にもなりません。それでいてアンプ自体にある様々なエフェクト機能を使って日々楽しめる仕様となっています。

写真はアンプのスイッチがONの状態で撮ったものですが、スピーカーの部分がオレンジ色に光っているのが見えますでしょうか?

これは、真空管アンプの見た目を再現してくれているような、温かい色をして気持ちも癒されます。真空管アンプは、簡単に言えば人間にとって自然な音を再現してくれるアンプ

音の種類が豊富

f:id:wsukesan:20190213213402j:plain

左から、AMP,GAIN,MASTER,BASS,MIDDLE…と様々に並んでいますが、これらは感覚で覚えられるノブばかり並んでいます。

これらは、初心者でも何となくいじっていれば自分の好みの曲を作れる作りとなっています。

AMPのノブに、CLEAN、CRUNCH、LEADなど様々な種類がありますが、基本的に一つノブを動かせば音が全く変わります。自分で曲を作る時やバラードを弾きたい時はCLEAN、現代的なロックを弾きたい時?などはCRUNCH,LEAD,BRIT HIなどギュイーンといった音を出すことができます。ACOアコースティックギター(アコギ)の音を再現できます。

また、お気づきとは思いますがBASSの選択肢もあり、このアンプの良い所はギターだけでなくベース用のアンプとしても十分に機能するというところです。

ギターもベースも弾きたい!という方は、このアンプを一つ買うだけでどちらも兼用できる便利なものとなっています。

是非、AMPの部分を色々いじってみて、その他BASS,MIDDLE,TRIBELEをいじれば自分好みの音を作ることができます。

背面

f:id:wsukesan:20190213210548j:plain

まず、右側の線が繋がっているところ、[15V]と書いてあるところは、単純に電源ケーブルを繋ぐ所なので割愛します。

次に、左側の[USB]につながっているケーブルは、パソコンとUSBケーブルを介して接続する場所です。

このケーブルを繋ぐことで、[THR Editor]というこのアンプの音をパソコンでいじる専用アプリを使用することができます。

実際に使ってみたのですが、THR Editorは本体のノブ以外にも細かい設定をすることが可能で、更に細かい音作りをすることが可能となります。

裏面

f:id:wsukesan:20190213215758j:plain

何てことない裏面だな、と思いがちですが、規格など色々書いてある下側に電池ボックスの様なものがあるのがお分かりでしょうか?

そうです、電池ボックスなんです!←

これがあることによって、ライブで電源タップがいっぱいで使えない!という時も単三乾電池さえ用意しておけば、問題なく使えます。便利ですね。

おわりに

YAMAHA製 THR10 本当に良いアンプだと思います。

現在の価格で買える部屋用アンプとしては、音の調整や種類など、盛りだくさんでこれ以上ないアンプだと思います。

また、PHONEというところにヘッドホンやイヤホンのコネクターを繋ぐことで、ヘッドホンから自分のギターを爆音で聞くことができます(耳が悪くなるので節度を持って)。

これが本当に最高ですので、是非自分の好きな曲に合わせて、このアンプにギターを繋いで弾いてみてはどうでしょうか?

 

本記事は下記のレビューブログを参考にさせて頂いております。

shinyafukuda.net